少額訴訟について

売掛金回収の回収方法に訴訟という方法があります。そして少額訴訟というのがあり、これをすることである程度簡単且つ低コストでできなくもないです。しかし、これのやり方についてしっかりと理解していないと失敗することがありますので注意です。

少額訴訟は、そのままの意味で少額の訴訟となります。大体60万円よりも下の売掛金回収で行われる訴訟で、通常の訴訟よりも簡潔的に行われるものです。しかも、一度の裁判で解決を行われるのでそれまでにしっかりとしたものを用意できないと場合によっては失敗することがあります。また、相手が普通の裁判を望む場合もあり、その場合は普通の裁判の方になります。その点に注意です。

この少額訴訟ですが、弁護士にとってはあまり良いと思わない傾向にあります。上記でも説明したように回数が少ない分準備の手間、公平さがあまり良くありません。ですから、弁護士によっては少額訴訟を行わず訴訟から行う人も結構多いです。しかし、売掛金回収によってはどうしても少額訴訟にしないといけない場合もありますし、通常の訴訟は少々お金がかかることがあります。ですから、弁護士などに依頼をする場合はよく考えて選択するようにしてください