大阪府茨木市「鳥呑」。焼き鳥屋だけど、馬刺に朴葉味噌がっんまい!

大阪府茨木市「鳥呑」。焼き鳥屋だけど、馬刺に朴葉味噌がっんまい!

【店名】
鳥呑(とりどん)
【所在地】
大阪府茨木市

【性別】女性
【年齢】33歳
【職業】自営業


【お店を知ったきっかけ】
数年前にアルバイト先の近くで居酒屋を探していたら、勤務地が地元である同僚が教えてくれたのがきっかけでした。

【誰と行ったか】
アルバイトの同僚




【お店の雰囲気】
駅近くの小さな商店街内にあって、間口も狭いので、気をつけて歩かないと通りすぎてしまいそうな店です。
中はカウンターとテーブと椅子の席が少しあるだけの、こじんまりとしてほのぼのとした店です。
駐車場は近くに見当たらなかったので、有料の駐車場に止めるか、市営の駐車場に止めるのが良いと思います。
車やバイクに乗るならお酒は飲めませんが。

【注文したもの】
馬刺、朴葉みそ焼き、焼き鳥




【感想】
1番驚いたのが、大阪の田舎町で馬刺が美味しかったことです。
それまでも肉は馬に限ると思っていたのですが、他店よりさらに鳥呑の馬刺は臭みもなく変に脂っ気があるわけではないので、肉類が苦手な私でも食べられましたし、おかわりもしました。
電車で帰る前だったので、日本酒をコップ一杯分飲んで、馬刺と朴葉味噌焼きと焼き鳥を食べました。
店名からもわかる通り焼き鳥屋さんなのですが、サイドメニューもとても美味しくて、ついつい最後に焼き鳥を頼んでしまいました。
朴葉みそ焼きでは肉だけではなく、舞茸など野菜も数種類入っていて、旨味もさらに増した味噌が白飯によく合いました。
お酒より白米が好きな私ですが、あまりにも味噌が美味しかったのでお酒のアテにしました。




【他のメニューやトッピングなど】
他にもメニューはありましたが、頼んだ品物を大切に食べたいと思うほど美味しかったので、追加注文は店員がサービスでつけてくれたもの以外は食べていません。
卓上には割り箸があったと思いますが、調味料の類はなかったと思います。




【エピソード】
私があまりにも感動して「美味しい!美味しい!」と言っていたので、店員さんが苦笑しながら白米を出してくれました。
(実はアルコールが苦手で白米が大好きであることをポロッと言ったため)「お連れが2人分飲むなら、あんたが無理に飲まなくていいよ」と言ってくれて、私は同僚に久保田(日本酒:純米大吟醸)くんを譲って大いに食べました。




【知人の評判】
「本当に美味しいなぁと思うものしか出さない店だよ」とアルバイト先の同僚が言うだけあって、食べた品物はもちろん、食べてない料理も美味しそうでした。
アルコールは苦手ですが、他店で飲んだ時よりも美味しく香りも良かったので、保存の仕方も良いのだと思います。




【他との比較】
他店やスーパーのお惣菜と比べて、材料が新鮮で、材料の保存が適切なのだと思います。
ひと手間を惜しまない本物の「料理」だと思いました。
(調理は食べれる程度のランクは超えていると言う認識で、料理は適切な調理法を使うなど料理と向き合っていると考えています)特別華やかさはなくても毎日食べたいと思うような店で大満足です。




【価格と満足度】
価格は個人の居酒屋らしい設定だったので、高いと感じることはありませんでした。
朴葉みそ焼きなどはむしろ安かったと思います。




【期待すること】
強いて言うなら「店に継続して欲しい」です。
欠点も不満てんもないからと言う理由なのですが、店は清潔だし、調理場も同じくきれいで、カウターもよく拭いて清潔ですし、食器も指紋や品物の残りや拭いたスジもないくらい綺麗です。
アットホームなところやリーズナブルな価格設定を考えても、ずっとあったら良いなと思える店ですね。



馬刺は、食べれる食べれないに個人差がだいぶあるので、美味しかったことはサラッと伝えて、朴葉みそ焼きをすすめます。
焼き鳥屋さんで焼き鳥をすすめられてもインパクトに欠けるので、最初に進めるのは朴葉みそ焼きですね。
そして店内の感想や店員との会話を話した上で「やっぱり焼き鳥も美味しんだわ」と言うと思います。

鳥呑(とりどん)
大阪府茨木市
女性・33歳・自営業
大阪府茨木市「鳥呑」。焼き鳥屋だけど、馬刺に朴葉味噌がっんまい!